魅惑のマンホール、可愛い単管バリケード

日本各地・世界各地のマンホール蓋を中心に、単管バリケードも紹介します。読んだ本、観た映画、旅行先の話なども書く予定です。

ファイブスター物語14

3日連続で「読んだ本」のカテゴリーの記事です。読書ブログに鞍替えしたわけではないし、1日1冊読破しているわけでもありません。単に同時並行で読んでいた本を、立て続けに読了しただけです。
 
で、14巻の感想です。うん、13巻より持ち直した気がします。13巻は久しぶりすぎる上に名称変更が分かりにくすぎて、もう次は買うものかと思いました。だから14巻も、なかなか買わなかったわけです。でも、評判が悪くなさそうなので、意を決して買いました。
 
13巻のおさらいすらしなかったので、なぜ戦っているのかすら分からないまま読み進めました(どんな読み方だ)。でも逆に言えば、それでも読み進んでしまうくらい、ある意味面白かったのかも。まぁ、細かい説明とかは、がんがん読み飛ばしましたがね。
 
なぜか食べ物を描くのがうまくなっていたことに、びっくり。例の「ごまつきパン」を含めた配給作業食すら、なぜか美味しそう。そしてアマテラス陛下、本性出すと怖すぎ。1巻で本性出した時の恐怖を思い出しましたよ(^_^;)
 
次巻も買ってもいいな。こうなったら、最後まで付き合いますかね。