魅惑のマンホール、可愛い単管バリケード

日本各地・世界各地のマンホール蓋を中心に、単管バリケードも紹介します。読んだ本、観た映画、旅行先の話なども書く予定です。

『ハリー・ポッターと呪いの子』

この本は、もともと読むつもりがありませんでした。完結した物語の後日談を読んで、がっかりするのが嫌だったので。
 
でもふと思い立って読んだわけですが……。うーん、やっぱ読まなきゃ良かったです。有名な父親を持ったプレッシャーに苦しむ息子なんて、陳腐すぎるテーマだし、話の展開も早すぎる上、変な風に入り組んでいる部分もあったりして、分かりにくいし。舞台脚本だから読みにくいのもありますが。これ、舞台を生で観た人って、話をちゃんと把握しきれたのかな?
 
まぁ、得るものが全くなかったわけではなく、車内販売魔女の秘密とか、少年時代のドラコが思っていたこととかを知れたのは、興味深かったです。あと、ハリーとドラコというライバルの息子同士が親友になるという設定も、面白かった(これまた陳腐と言えば陳腐ですが)。
 
とはいえ、やっぱ読みたくなかったと思う最大の理由は、松岡佑子の訳のひどさ! 上記の「車内販売魔女」をはじめ、なんだそりゃと思う訳のオンパレードです。私はたまたまハリー・ポッター・シリーズは日本に紹介される前から知っていて、全部英語版で読んできたので、松岡訳には触れずにきました。たまたま第3作か何かの訳をちらっと見て、ひどさに愕然としたので(訳が稚拙なだけではなく、誤訳もあった)、なおさら目にしないようにしてきたのです。あれから何冊も訳してきたのに、全然成長しなかったのね。
 
ま、そういう意味では自業自得かなとも思います。今回も英語版で読んでいれば、松岡訳と無縁でいられたのですから。英語で戯曲を読むのもだるいなと思い、不精をした私がいけなかったです。
 
ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

 

狐笛のかなた

上橋菜穂子の本のヒロインは、どうも可愛げがないのが特徴ですね。今回の小夜といい、『獣の奏者』のエリンといい。「守り人シリーズ」のバルサは、可愛げがないというよりかっこいい存在ですが。
 
そして小夜とエリンに共通するのが、物語の最後の選択。そうするしかないのは分かるし、本人はその選択に満足なんだろうけど、周りの者には切なさを残してしまう選択です。
 
ちなみに、上橋さんのこだわりなんでしょうけど、すべての物語に共通する、「心ノ臓」のような「ノ」の表記が、どうしても気になってしまいます。まぁ、そんなところに引っかかる人も珍しいのでしょうけど。
 
狐笛のかなた (新潮文庫)

狐笛のかなた (新潮文庫)

 

福岡市・ピクトグラム2

f:id:margrete:20181109144226j:plain

 

ベイサイドプレイス博多で、今回入手しました。

……ナイフとフォークを使う勢いで飲食する人はいないのでは? 普通、飲食禁止のピクトグラムって、ハンバーガーとドリンクにバツ印が付いているとかのような気が(^_^;)

しかも、このピクトグラムにはお仲間がいます。

 

f:id:margrete:20181109144758j:plain

 

うーん……。この2つのピクトグラムの作者、恐らく以前ご紹介したピクトグラムの作者と同じな気がします。

 

margrete.hatenablog.com

福岡市・マンホール蓋2

f:id:margrete:20181107121928j:plain

 

福岡市のマンホール蓋は、以前ご紹介済みですが、今回の旅でもう1パターン見つけました。小口径枡の、平成17年度まで使われていたバージョンだそうです。中央の「フ」を9つ組み合わせた市章を、市花のふようが取り巻いているデザインです。

個人的には、下の抽象的なデザインより好きですね。

 

margrete.hatenablog.com

とるとだす

毎度お馴染みの病弱な若だんなが主人公の、しゃばけシリーズです。
マンネリも良いところで、若だんなの成長も感じられないため、読むのをやめようかと思いつつ、ずるずる読んでいます。ようやく最近の巻では、若だんなに変わろうという意思が出てきたし、時に良い話もあるもので。
 
今回のテーマは、薬です。若だんなの家は廻船問屋兼薬種問屋なので、今更という感じですが、収録されている各短編に、家族や愛する人のために効く薬を求める人々が出てきます。一部の話を除き、そんな都合のいい薬は手に入らない、という結論になるのですが、高かろうが怪しかろうが、効く薬があると聞けば、すがりたくなってしまう心理が描かれています。
 
とるとだす しゃばけシリーズ16

とるとだす しゃばけシリーズ16

 

唐津市・マンホール蓋

ちょっと旅行に出ていたため、ブログ更新の間が空きました。その代わり、マンホール蓋の新作がゲットできました! 唐津市です。

 

f:id:margrete:20181105103001j:plain

 

日本三大松原の1つ、「虹の松原」のデザインです。

 

f:id:margrete:20181105103639j:plain

 

これ、一見シンプルそうですが、中央のマークを拡大すると……。

 

f:id:margrete:20181105103746j:plain

 

唐津焼と思われる、1枚目のカラーバージョンです。

 

 

天涯無限(アルスラーン戦記)

三十年に渡り、中断を挟みつつも続いてきた物語を、ついに読了しました。あまりに中断が多いので、角川文庫(挿絵は天野喜孝!)→カッパ・ノベルス→光文社文庫と収録されている叢書が変化したのは、ご愛敬かと。再開するたび、以前の話を忘れているため、最初の方の巻は、3回読んだ計算です。
 
15巻や16巻の展開について、一部のファンは非常に不満なようですが、私はとても納得がいきました。主役級が全員生き残り、悪役を倒してめでたしめでたしの方が変だと思うし。最後の20ページほどは、涙が止まりませんでした。
 
一点だけ謎なのは、ラスボスというべきザッハークとの最後の対決に際し、主役アルスラーンとの間に、やけに人間的な会話が延々と繰り広げられること。蛇王ザッハークに、急に人間味が出て妙なのですが……。まぁいいけど。
 
しかし、完結を見届けられて感無量です。「創竜伝」とかは……もう完結しないんでしょうね。
天涯無限 アルスラーン戦記 16 (カッパ・ノベルス)

天涯無限 アルスラーン戦記 16 (カッパ・ノベルス)