魅惑のマンホール、可愛い単管バリケード

日本各地・世界各地のマンホール蓋を中心に、単管バリケードも紹介します。読んだ本、観た映画、旅行先の話など、様々なカテゴリーの記事をアップします。

とりあえず、投票に行きましょう

f:id:margrete:20190331143046j:plain

投票証明書(2019.3)

昨日から、統一地方選挙期日前投票が始まっています(知事選挙については、その前から可能でしたが、すべての投票が可能になったのは、昨日から)。早速、行ってまいりました。投票、行きましょうね~。

 

まず、期日前投票は仕事などの正当な理由がないとできないと思っている方がいらっしゃいますが、違います。いや、間違ってはいませんが、厳密に解釈する必要はありません。例えば私は、もうずいぶん長い間、期日前投票でしか投票していませんが、それは「当日”家で”仕事がある」からです。まぁ、投票日当日に行っていけないことはありませんが、当日はひょっとしたら暴風雨かもしれないし、突然おなかが痛くなって、いけなくなるかもしれませんよね。だから、さっさと権利を行使しておきましょう。

 

「私一人が投票してもしなくても、選挙結果は変わらない」と思う人、それは違います。極端な話、みんながそう思って投票に行かなかったら、投票率ゼロ%になってしまいます。選挙権があるのに投票に行かないのは、政治に文句を言う権利を放棄することです。白紙委任をした結果、日本がとんでもない方向に進んでから焦っても、遅いですよ。

 

「そうは言っても、投票したい候補者がいない」という人もおいでかもしれませんが、その場合は「一番ましな人」を選んでください。もちろん政策の違いで選ぶべきですが、よく分からなかったら、極端な話、顔で選んでもいいと思います。イケメンや美女という意味ではなく、人柄の良さそうな「いい顔」の人ということ。あるいは、若い人がいいなとか、女性議員のほうがいいな、という基準でも構いません。どこの党の誰に入れようが自由ですが、とりあえず投票に行ってください。

 

といっても、やらないでほしい投票行動というのもあります。最近の若者に実際にいるらしいのですが、「当選しそうな人に投票する」というもの。馬券とかと違うんだから、投票した人が当選しても、配当金とかないですからね(@_@) 頼むから、自分が当選してほしい人に投票してくださいよ。私なんかひねくれものなので、たとえ良いことを言っていても、当選確実の人には入れたくなくなるんですけどね。「良いことを言っているけど、当選しないんだろうな」と思う人が当選すると、嬉しいですよ。