魅惑のマンホール、可愛い単管バリケード

日本各地・世界各地のマンホール蓋を中心に、単管バリケードも紹介します。読んだ本、観た映画、旅行先の話なども書く予定です。

『老いと収納』(群ようこ)

裏表紙の説明によれば、「『捨てる』闘いを描いた奮戦記!」です。まださすがに私は「老い」の域までは達していませんが、今から取り組んでも早すぎということはないし。
 
自分自身、身の回りに溢れる物を減らさねばならないと思っているので、参考になればと思ったのですが、そういう意味ではあまり役に立たなかったかな。第一に、我が家は使えなくなった家具を粗大ごみにも出さずに溜めまくったりしません(そんなスペースもない)。そして第二に、「捨てる」モードになった時の群さんの捨て方が半端じゃない。「それは捨てなくても良いんじゃない?」と言いたくなるようなものまで、ばんばん捨てます。何か極端から極端に走るので、読んでいて少々疲れました。
 
でも逆に、「こんな風になるまで物を溜めこまないようにしよう」、「自分のペースで物とさようならすれば良いんだ」という気持ちの再確認はできたかな。
 

↓アマゾンさん用リンク

老いと収納 (角川文庫)

老いと収納 (角川文庫)

 

楽天さん用リンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

老いと収納 (角川文庫) [ 群 ようこ ]
価格:561円(税込、送料無料) (2019/1/29時点)